大豆発酵食品・テンペ手作り専門店 | OneFace OneFaceは「お家でテンペ」を応援するショップです。 目指しているのは “肉・魚・ときどきテンペ"というように、気軽に植物性タンパク質を取り入れる人たちが増えてくれること。たまにしか買わない「体にちょっと良いもの」ではなく、当たり前に冷蔵庫にあるような存在になって欲しいので、日本一の作りやすさと、お手頃な価格を追求しています。

「手作りテンペ」と「レジ袋有償化」

2020年7月1日よりレジ袋有料化がスタートします。

プラスチックは、非常に便利な素材です。成形しやすく、軽くて丈夫で密閉性も高いため、製品の軽量化や食品ロスの削減など、あらゆる分野で私たちの生活に貢献しています。一方で、廃棄物・資源制約、海洋プラスチックごみ問題、地球温暖化などの課題もあります。私たちは、プラスチックの過剰な使用を抑制し、賢く利用していく必要があります。

このような状況を踏まえ、令和2年7月1日より、全国でプラスチック製買物袋の有料化を行うこととなりました。これは、普段何気なくもらっているレジ袋を有料化することで、それが本当に必要かを考えていただき、私たちのライフスタイルを見直すきっかけとすることを目的としています。

 

「レジ袋有料化」で変わった私たちの生活

「レジ袋有償化」で私たちの生活で変わったことは

 

1.レジ袋が有料化となったので、不要の時は「要りません」、必要な時は「要ります」と意思表示の機会が増えた。

2.「要りません」と言える様に、、買い物袋を持ち歩く様になった。

 

この取り組みの効果は、今後の工夫を含めて見ていく必要がありますね。

 

少しわかった気がすること

このような取り組みをきっかけに「要りません」という意思表示をされる方も増えてきてるのではないでしょうか。

金額にして約3-5円の有料袋ですが(時給1000円だとした場合、18秒の労働)、それ以上に映像で見る海洋動物の惨状や、ゴミを輸入し処理しなきゃいけない国の惨状に心を痛めている人が多いのでしょう。私自身も、これをきっかけに「要りません」が多くなってきています。この行動の背景には「約3-5円を払う以上の、取り返しのつかない負担が社会や環境にかかっている・・・」という心配からです。今私は40歳代前半ですが、長く続けてきた消費生活の中で「かなり社会や環境を痛めつけてきてしまったんだろうな」と感じます。消費は廃棄と1セットです。

 

「手作り」は消費-廃棄生活を考えさせてくれる

「手作り」すると一体の「廃棄」を考えます。廃棄になるものを手作りする・・・・とはなりにくいですよね。

しかし、今の時代は、作る「メーカー」と、出来上がったのを使う/食べる消費者は別々のことが多いですから、廃棄になることわかっていても、作ることがやめにくくなっています。当然、作ることが難しく、作ることに時間がかかるものをすべて作っていたら、普段の生活が成り立たないでしょう。

 

変わる行動・生活

「レジ袋有料化」の様に、何かをきっかけに行動・生活が変わることをたくさん目にしています。変わる方向は「ちょっとの負担があっても・・・に良いのなら」という方向で、

個人としては、経済的、時間的、体力的な負担が増える方向です。その変化の受け皿となるものの1つとして「手作りテンペ」の魅力を今後も発信していきます。

 

 

関連情報

大豆発酵食品・テンペ手作り専門店 | OneFace

大豆発酵食品・テンペ手作り専門店 | OneFace

OneFaceは「お家でテンペ」を応援するショップです。
目指しているのは “肉・魚・ときどきテンペ"というように、気軽に植物性タンパク質を取り入れる人たちが増えてくれること。たまにしか買わない「体にちょっと良いもの」ではなく、当たり前に冷蔵庫にあるような存在になって欲しいので、日本一の作りやすさと、お手頃な価格を追求しています。

屋号 ビジネスフロー合同会社
住所 〒391-0011
長野県 茅野市玉川4630-1
営業時間 9:00-17:00
定休日:土日祝
代表者名 大友 由紀子
E-mail info@tempe-oneface.com

コメントは受け付けていません。