テンペ手作り専門店 | OneFace OneFaceは「お家でテンペ作り」を応援するショップです。日本一の作りやすさと、お手頃な価格を追求しています。

野菜不足 簡単解決

野菜不足の現状

昔に比べ野菜の味が変わって、大分食べやすい味になってきていると感じます。ただ、野菜嫌いや野菜不足はいまだ聞く話題で、無くならないものです。

国の定める1日の野菜摂取目標量は350gです。厚生労働省の「平成30年 国民健康・栄養調査」から野菜不足の状況を見てみましょう。

 

野菜摂取量の平均値は 281.4g であり、男女別にみると男性 290.9g、女性 273.3g である。
この 10 年間でみると、いずれも有意な増減はみられない。年齢階級別にみると、男女ともに
20~40 歳代で少なく、60 歳以上で多い。

 

と言っています。目標より1日当たり68.6gの野菜不足の様です。

その結果もさることながら、

 

この 10 年間でみると、いずれも有意な増減はみられない。

 

の文章に驚かされます。

現状でも野菜不足で、それが10年も変わっていない・・・・・今の食生活になれているのに!

 

大事なことは10年以上前から続けている私たちの食生活は「野菜不足なんだ」という認識を持つことなんでしょう。

 

ちなみに、この調査結果の報告には、所得と野菜の摂取量の結果報告もあります。

食習慣を左右しそうな所得の差ですが、どの所得水準でも野菜不足でした。

 

 

野菜不足の何が悪い

野菜不足が原因のトラブルは

 

・疲れ

・肌荒れ

・免疫力の低下

・体臭

・生活習慣病

 

の文字をよく目にします。

 

健やかに、楽しく生活を送るにはこれらのトラブルは避けたいものですね。

あれ?何か変だぞと思いませんか?

 

この 10 年間でみると、いずれも有意な増減はみられない。

 

既に野菜不足を10年は続けている私たち。すべて加齢のせいにしていた上記のトラブルは

既に起きているのかも。

あれ?私「疲れてるの?」「肌荒れてるの?」・・・すべては現在存在する自分の状態を前提としての比較で、

今の年齢や環境条件でいちばんの状態の自分との比較ではありません。

 

そうですよね。

この 10 年間でみると、いずれも有意な増減はみられない。

ならば、ここにいる現在の私たちが一番いい状態なのか?疑わないといけませんよね。

 

「野菜一品を増やせばいいのか!」の間違い

10年間「ゆでガエル」状態で野菜不足を普段から続けている私たち(自戒の念も込めて、厳しい言い方にしています・・・。)

 

野菜不足だという認識から一歩進んで行動をとりましょう。今、この記事を読んで行動を起こす気にならない方の多くも野菜不足の可能性が高いです。

また、「今体調がいいから大丈夫!」という人も、もっと体調が良くなることだってあるという事ですからあるという事です。調子が悪くなって初めて行動をおこして改善していくというパターンが多いですが、食習慣も見直して効果を出していくには時間がかかるはずです。私たちはもう10年になる野菜不足のベテランです。

 

それでは、頑張って野菜不足を補う1皿を作るぞ!!・・・・・「ご馳走様!お腹いっぱい!」

あれ、頑張って作った1皿が減ってない・・・・。

 

「野菜一品を増やせばいいのか!」のアイデアは半分あたっていて、半分あたっていません。

 

野菜不足を10年間続けてきた中で、お腹の充足感は満足してきたのではないでしょうか?

量の面では足りていたところに、野菜の不足分として新たな量が加わったのでは、狙ったとおりに野菜が食べられるかどうかは

疑った方がいいと思います。

 

必要なのは野菜の比率を上げる食材

「量やボリュームはあまり変えずに、野菜の比率を増やす」というのがアイデアの1つと思います。

そのアイデアを支える食材をご紹介します。

 

テンペ

 

です。

 

 

おすすめの食材 テンペ

テンペは、日本ではあまりなじみのない食材です。作り方が似ている事から「インドネシアの納豆」と呼ばれえたりしますが、糸を引くような事はありませんし、強い匂いはありません(ほのかに大豆の香りがします)。

テンペ菌により発酵し、原料の大豆がつながったブロック状になる為、切ってもボロボロ大豆がはがれることは無く、調理がしやすいのも特徴です。野菜不足に対応する以上に嬉しい効果も期待できる植物性発酵食材なんです

(テンペとは? こちら

テンペ手作り

(写真上:テンペ)

 

このテンペは、主食に穀類の一部を置き換えたり(炊き込みご飯のかさ増しなど)、主菜の肉、魚の代わりに使ったり(カツや天ぷら)、副菜のボリューム増(サラダに掛けるなど)、穀類、動物性たんぱくを植物性(野菜:大豆)

に置き換えられる食材です(料理レシピ集は こちら

 

テンペは手作りを!

先ほども書きましたように、テンペは日本では取扱店も少なく、高価格の為、普及が進んでいません。

しかし、素晴らしい食材で、ほおっておくのは勿体ない食材です。普及を妨げる原因を取り除く為、「手作り」をお勧めしています。

私たちOneFaceのスターターセットで、皆さんにテンペのミニ工場になってもらうことで、普及に繋げられたらと考えています。

テンペを作るのは簡単です。すべてのライフステージに嬉しいテンペを末永く生活に取り入れてください。

 

私たちは既に10年は野菜不足の影響を受けてます。

関連情報

大豆発酵食品・テンペ手作り専門店 | OneFace

テンペ手作り専門店 | OneFace

OneFaceは「お家でテンペ」を応援するショップです。
目指しているのは “肉・魚・ときどきテンペ"というように、気軽に植物性タンパク質を取り入れる人たちが増えてくれること。たまにしか買わない「体にちょっと良いもの」ではなく、当たり前に冷蔵庫にあるような存在になって欲しいので、日本一の作りやすさと、お手頃な価格を追求しています。

屋号 ビジネスフロー合同会社
住所 〒391-0011
長野県 茅野市玉川4630-1
営業時間 9:00-17:00
定休日:土日祝
代表者名 大友 由紀子
E-mail info@tempe-oneface.com

コメントは受け付けていません。