大豆発酵食品・テンペ手作り専門店 | OneFace OneFaceは「お家でテンペ」を応援するショップです。 目指しているのは “肉・魚・ときどきテンペ"というように、気軽に植物性タンパク質を取り入れる人たちが増えてくれること。たまにしか買わない「体にちょっと良いもの」ではなく、当たり前に冷蔵庫にあるような存在になって欲しいので、日本一の作りやすさと、お手頃な価格を追求しています。

テンペ購入ではなく、テンペは「手作り」という理由

「テンペ購入でなく」より「テンペ手作り」を主張しているのか?

テンペの認知が低い、日本社会で、なおさら面倒と思われる「テンペ手作り」をお勧めしているのか。。。。不思議に思いませんか?理由は

 

理由1.テンペはやはり素晴らしい。日本でも一般食材になってほしい!

私たちの体にとって、テンペに含まれる栄養素、期待される効能も素晴らしいといえます(テンペとは?)。また、テンペを一般的な食材としていくことで、現在見えてきている問題(地球温暖化、海水温上昇、食料問題、耕作放棄地問題、動物愛護、生物多様性、水不足問題 .etc)へ少し良い影響も感られます。

 

理由2.だから日本社会で一般食材になってほしい!

しかし、テンペが一般食材に仲間入りし、頻繁に食卓に現れるようになるには、

 

・お手頃な価格になること

・身近に手に入ること

 

が不可欠です。

 

テンペには、日本の納豆の様に年間23万トンというような需要量があるわけではないので、中小・零細のお店が、地域の需要を満たす場合や、その他の大豆製品屋さんがテンペを取り扱っている場合が多い様です。

それら店舗がインターネットを通じて全国販売しているケースもあります。その場合、購入者側に配送料の負担も発生します。ですから価格面でも、身近にする為にも、「手作り」が良いと思っています。その為に、誰でも簡単に作れるテンペメーカーの開発に力を入れてきました(テンペメーカーによるテンペ作りはこちら)。詳しくは、次の章でご説明いたします。

 

理由3.やっぱり手作りしたテンペはやはりおいしい

テンペメーカーを使って出来上がったテンペは、匂いを抑えたテンペを作れるように工夫しています。手作りのワクワクや、期待感がスパイスになってやはり美味しいです。どんな料理にも合い(料理集はこちら)、テンペをご存知の方からも「今まで食べたテンペの中で一番おいしい」とお褒めの言葉を頂く事もたびたびあります。

 

 

このままではもったいないテンペ

「発酵」へのうねりがあります。ブームと呼ぶのが失礼なくらい定着してるのではないでしょうか。腸活、菌活、デトックス、様々な調理具の誕生・・・と環境面の後押しも続きます。この中で、少しの手間で凄いお得感が生み出せることに気付く人達が多く生まれたのだと思います。

お味噌、醤油麹、塩麹、タマネギ麹などの調味料系や、キムチ、漬物等のおかず系、パン焼き機の後押しもあり、パンも様々な楽しみ方も生まれています。こう見ると、発酵のテーマにも

 

・日々の料理に使う”調味料系”

・毎日の食事に彩りを乗せてくれる”おかず系”

・そのまま食べれるパンなどの”主食系”

 

分けられるのかな?と思います。

 

では手作りテンペは?と考えると、”食材系”と言えるのではないでしょうか。ニンジンを思い浮かべてください。食材としては生でサラダもいいですし、炒めものもいいですね・・・と料理に活かされます。

テンペはが大豆を発酵して作られますから、野菜の顔もあります(食物繊維も大変豊富です)。発酵により大豆がブロック状になっている為、お肉やお魚(動物性タンパク質食材)の様にも使えます。テンペは植物性タンパク質素材なので、動物性より脂質が低くなります。。。。とメインにもサブにもなりうる”食材系”発酵テーマですので、より発酵食品を生活に取り入れたいという方には、毎日でも食べてもらえる食材なのです!(料理・レシピ集はこちら

 

 

テンペ手作りをお得に始めよう

この「手作りテンペ」をスタートしやすくなるようにと、ふるさと納税という仕組みに登録し(長野県茅野市)、スターターセットを返礼品として実質負担¥2,000円(しかも送料込み)で

受け取れるようにしてます。リピート材料も登録があります。

こちらのご利用で、かなりお得に「手作りテンペ」初めて、を続けることができます。

※ふるさと納税では、寄付金として支払金額は増えますが、住民税の減額という形で実質負担が下がります。詳しくはふるさと納税サイトでご確認ください。

 

 

 

関連情報

大豆発酵食品・テンペ手作り専門店 | OneFace

大豆発酵食品・テンペ手作り専門店 | OneFace

OneFaceは「お家でテンペ」を応援するショップです。
目指しているのは “肉・魚・ときどきテンペ"というように、気軽に植物性タンパク質を取り入れる人たちが増えてくれること。たまにしか買わない「体にちょっと良いもの」ではなく、当たり前に冷蔵庫にあるような存在になって欲しいので、日本一の作りやすさと、お手頃な価格を追求しています。

屋号 ビジネスフロー合同会社
住所 〒391-0011
長野県 茅野市玉川4630-1
営業時間 9:00-17:00
定休日:土日祝
代表者名 大友 由紀子
E-mail info@tempe-oneface.com

コメントは受け付けていません。