大豆発酵食品テンペ 手作り専門店  | OneFace  OneFaceはお家で「手作り」を応援するショップです。日本一の作りやすさと、お手頃な価格を追求しています。

自宅で納豆作り!炊飯器を使った簡単発酵術をご紹介

手作り感のある納豆のイメージ

 

自宅で納豆作り!炊飯器を使った簡単発酵術をご紹介

 

この記事を読むための時間:3分

 

日本の食卓で愛され続けてきたご飯のお供といえば「納豆」ですよね。その納豆がどこの家庭にも存在する「炊飯器」で作れることを知っていましたか?

あるポイントを押さえておくだけで簡単に手作り納豆が作れちゃいます。今回はそんな炊飯器を利用した納豆の作り方をご紹介します。

 

そもそも炊飯器で納豆って作れるの?

納豆は炊飯器で簡単に作れます。

どこの家庭にもある「炊飯器」はお米を炊くだけの家電製品というイメージはもう古く、近頃の炊飯器は非常に万能で手軽にいろいろなものが作れてしまうから驚きです。
そんな炊飯器で「納豆」を作るということがあまり想像できないかもしれませんが、実は炊飯器の機能は「納豆作り」にも適しているのです。

従来納豆作りは「よく蒸した大豆を納豆菌と混ぜ合わせ発酵(保温)させる」のですが、主要工程の発酵に必要な保温器が家に必ずあるとは限りませんよね?というわけで「炊飯器」の登場です。
炊飯器なら主要工程である「発酵(保温)」が簡単にできるため、白ご飯と納豆という黄金コンビがそれ一台でできる優れものなのです。

おまけに「蒸す」という工程も可能なため、セットして終わりなんてこともできちゃいます。
身近にある「炊飯器」で作れるなら、誰でも簡単に自家製納豆に挑戦できるのです。

※保温(発酵)の工程が納豆作りのポイントになるため今回は炊飯器を「保温器」として使用したケースをご紹介します。

 

手作り納豆の材料・作り方

<材料>

  • 乾燥大豆 150g
  • 納豆菌 1g もしくは 納豆 大スプーン2〜3程度
  • 炊飯器

 

<作り方>

  1. 乾燥大豆はよく洗い、大豆の4倍程度の水に浸けて一晩寝かせる
  2. 指でつぶせるくらいの柔らかさになるまで圧力鍋で蒸す
  3. 蒸した大豆に納豆菌をお湯で伸ばして全体に混ぜる(納豆を使用する場合、豆の2倍程度のお湯で伸ばす)
  4. 納豆菌を混ぜた大豆を炊飯器に入れる
  5. 炊飯器は蓋を開けた状態で、乾いた布巾を大豆に優しくかぶせ保温開始(12時間)
  6. 保存用の容器にうつし、同じく布巾を大豆と蓋の間に挟み込み冷蔵庫でさらに一晩寝かせる
  7. 大豆の表面が乾きシワが多くなったぐらいで粘り気があるか確認(糸が引けば完成)

 

発酵(保温)する時の注意点

納豆作りの一番の難関と言われるのが「発酵」の工程になります。「粘り気が出ない」といった失敗談をよく耳にしますが、その原因は適切な温度を保てないことなのです。納豆菌が作用するための温度を一定に保つ「保温」に注意することが必要です。

 

注意点① 大豆が重なり過ぎると納豆菌が浸透しない

大豆の大きさにもよりますが、発酵の工程で大豆があまりにも重なってしまうと納豆菌が行き届かなくなり失敗の原因になってしまいます。

おおよそ3〜4段ぐらいになるように均等にまんべんなく釜に入れることをオススメします。広く浅い釜の炊飯器タイプでないものを使用する場合は、温度チェックのタイミングで上下を混ぜ変えるといいでしょう。

 

注意点② 炊飯器の釜が熱くなりすぎないように注意

納豆菌の繁殖に一番適している温度は【40〜45度】と言われています。3〜4時間おきに釜の温度をチェックし、熱くなっていたら一度スイッチをOFFにし冷めてからONにすることを繰り返しながら適温をキープすることが重要です。

発酵の工程では常にその適温を気にかけるという配慮が必要になります。愛情を持って納豆菌の好みの環境を整えましょう。

 

まとめ

炊飯器を利用した自家製納豆作りのポイントは以下の点です。

  • 納豆菌しっかり浸透するようによくかき混ぜる
  • 炊飯器の温度をしっかり保つ

さらに発酵の工程だけを考えると、ヨーグルトメーカーなどの保温専用器でも、代用可能ですが、炊飯器の加熱機能を活用することで圧力鍋を使わずに「蒸す」工程にも使えるので「蒸して発酵させる」という一石二鳥な使い方もできちゃいます。ぜひチャレンジしてみてください。インドネシアにも納豆があるってご存知ですか?テンペといいます。こちらも簡単に作れます。いろいろな料理レシピにも使える食材なんですよ。ご興味持って頂けたら嬉しいです(テンペとは こちら

関連情報

大豆発酵食品・テンペ手作り専門店 | OneFace

大豆発酵食品テンペ 手作り専門店  | OneFace

OneFaceは「お家でテンペ」を応援するショップです。
目指しているのは “肉・魚・ときどきテンペ"というように、気軽に植物性タンパク質を取り入れる人たちが増えてくれること。たまにしか買わない「体にちょっと良いもの」ではなく、当たり前に冷蔵庫にあるような存在になって欲しいので、日本一の作りやすさと、お手頃な価格を追求しています。

屋号 ビジネスフロー合同会社
住所 〒391-0011
長野県 茅野市玉川4630-1
営業時間 9:00-17:00
定休日:土日祝
代表者名 大友 由紀子
E-mail info@tempe-oneface.com

コメントは受け付けていません。