テンペ手作り専門店 | OneFace OneFaceは「お家でテンペ作り」を応援するショップです。日本一の作りやすさと、お手頃な価格を追求しています。

テンペ 作り方 新常識 

テンペ作り方情報

テンペの作り方のにはいろいろな情報があります。材料の違い、作り方の違い、保温方法の違いがあるようです。

また、このように多様なテンペ作りですから、いろいろな失敗の反省を目にします。作り方の失敗の原因は1つだけでなく複合的な事が多いです。私たちは、毎回同じ道具と作り方でテンペを作ったうえで実験段階での失敗分析をしていますので、原因が比較的明確です。しっかり説明できていると思う情報は少ないと感じます。こちらの記事ををご覧ください。

 

テンペの作り方(一般的な作り方) 準備するもの

 テンペを手作りしようとした時には一般的に以下の材料と道具が必要になります。

 

 材料)) ※完成テンペ200gあたり

    1.大豆1袋(約100g)  

    2.テンペ菌(約0.2g)

    3.食酢50ml(20ml+25ml)+少々 ※2回使用します。

 

    道具))

   4.ビニールパック(保温成型用)

   5.保温設備:保温機、ヨーグルトメーカーなど各自で選択

   6.布/キッチンペーパー : 煮た後の大豆を拭きとる為。

   7.鍋

   8.ザル

   9.爪楊枝/竹串 : ビニールパックの穴あけ用

 

テンペの作り方(一般的な作り方)

 一般的なテンペの作り方は・・・

 

  • 作り方1.大豆を水に浸ける

    • 表面を水で洗い、400mlの水に食酢20mlをまぜた水に、水で洗ったものを浸けておく(冬場:水温が低い時は24時間、夏場など水温が高い場合は15時間が目安)

 

  • 作り方2.大豆の皮むき

    • 表面の皮が残ると発酵しない事や、水分がたまり発酵を妨げることがある為、丁寧にむく

 

  • 作り方3.大豆を煮る

    • 皮を剝きを鍋に移し、400-500mlの水と20-50mlの食酢を加え、30~60分煮る。煮え具合は、指でやっとつぶれるくらいの固めです(発酵で柔らかくなります)。煮ている間に水が少なくなることがありますので、その際は水を足してください。

 

  • 作り方4.大豆にテンペ菌を付ける

    ザルでお湯を切り、更に表面に水分が残らないようにしキッチンペーパー等で水分をしっかり拭き取る。40℃以下(自分の体温くらい)に温度が冷めたことを確認し、テンペ菌を全体にまんべんなく回しかけ、かき混ぜてる。

 

  • 作り方5.大豆(テンペ菌付き)をビニールパックに移す。

    • ビニールパックに移し、成型する。ビニール表面に爪楊枝や竹串を使って3㎝四方に1点ずつ穴をあけて空気穴を作る。

 

  • 作り方6.保温と発酵

    • 35℃程度に保たれるよう、保温機、恒温機等を使って24時間保温する。他にも、ヨーグルトメーカーや、保冷カバンや、発泡スチロールボックスの中ににホッカイロを入れるなどの保温方法を見ます。

 

 

次にOneFaceのテンペメーカーを使った場合の作り方です。

 

テンペメーカーを使ったテンペの作り方 準備するもの

 テンペメーカーを使ってテンペ作りしようとした場合には、以下の材料と道具が必要になります。

 

 材料)) ※完成テンペ200gあたり

    1.大豆1袋(約100g)  

    2.テンペ菌(約0.2g)

    3.食酢50ml(20ml+25ml)+少々 ※2回使用します。

 

    道具))

   4.ビニールパック(保温成型用) 不要

   5.保温設備:保温機、ヨーグルトメーカーなど各自で選択

   6.布/キッチンペーパー : 煮た後の大豆を拭きとる為。

   7.鍋

   8.ザル

   9.爪楊枝/竹串 : ビニールパックの穴あけ用 不要

 

テンペメーカーを使ったテンペの作り方

テンペメーカーに付属してあるマニュアルは、テンペを作る際に失敗するポイントを明確しにしてるので安心してテンペ作りを進めて頂けます。

テンペメーカーを使ったテンペ作りの流れは

 

  • 作り方1.大豆を水に浸ける

    • 表面を水で洗い、400mlの水に食酢20mlをまぜた水に、水で洗ったものを浸けておく(冬場:水温が低い時は24時間、夏場など水温が高い場合は15時間が目安)

⇒脱皮大豆を利用する為、時短となる。更にテンペメーカー付属のヒーターを利用すれば更に時短となる。例:8時間 ※最初に温かめの水を使う必要あり。

 

作り方2.大豆の皮むき

    • 表面の皮が残ると発酵しない事や、水分がたまり発酵を妨げることがある為、丁寧にむく 不要 ⇒脱皮大豆を利用する為、皮むきの必要いっさい無し。

 

  • 作り方3.大豆を煮る

  • 皮を剝きを鍋に移し、400-500mlの水と20-50mlの食酢を加え、30~60分煮る。煮え具合は、指でやっとつぶれるくらいの固めです(発酵で柔らかくなります)。煮ている間に水が少なくなることがありますので、その際は水を足してください。

 

  • 作り方4.大豆にテンペ菌を付ける

  • ザルでお湯を切り、更に表面に水分が残らないようにしキッチンペーパー等で水分をしっかり拭き取る。40℃以下(自分の体温くらい)に温度が冷めたことを確認し、テンペ菌を全体にまんべんなく回しかけ、かき混ぜてる。

 

  • 作り方5.大豆(テンペ菌付き)をビニールパックに移す。 

    • ビニールパックに移し、成型する。ビニール表面に爪楊枝や竹串を使って3㎝四方に1点ずつ穴をあけて空気穴を作る。 不要 ⇒テンペメーカーの発酵容器内に移すのみ。

 

  • 作り方6.保温と発酵

    • 35℃程度に保たれるよう、保温機、恒温機等を使って24時間保温する 不要 ⇒テンペメーカーのヒーター電源を入れ温度設定し、発酵容器を乗せ、全体を専用タオルでくるむ。

 

 

後は、24時間保温(発酵)します。

周囲の室温が高い時期だけ、保温途中にヒーターの設定温度を下げ、効果的に発酵させる温度を維持します。夏場は特に良い仕上りの鍵となります。

 

 

「日本一簡単でお安いテンペ作り」の理由

 OneFaceの材料とテンペメーカーを使うと「日本一簡単でお安いテンペ作り方」となるのか。

 

「簡単」の理由

 1.脱皮大豆を利用した作り方

 2.テンペメーカーを利用した作り方

 

 「お安い」の理由

 3.ご家庭までの流通経路

 4.配送費

 5.(番外)ふるさと納税利用

 

 の順で説明いたします。

 

「簡単」の理由

  • 1.脱皮大豆を利用した作り方

 OneFaceはテンペ作りの材料として、あらかじめ皮がむいてある脱皮大豆を販売しています(機械で大豆同士をこすり合わせて皮をむいています)。

脱皮大豆なので、大豆を水に浸ける時間が格段に短くなり、通常の皮のある大豆の約半分になります。そして、テンペ作りで一番大変な作業だと言われている「大豆の皮むき作業」ですが、脱皮大豆なので、この作業自体をいっさいする必要がありません。

 加えて、大豆がこすり合わされている際に生じる大豆表面の細かな傷に、テンペ菌が入り込み、表面積も増えることから、発酵を良く進みます。

 ただ、この便利な脱皮大豆ですが、保存方法に工夫が必要です。皮がむかれてるため、酸化が早く、色合いや風味が変わりやすいのです。その為OneFaceではこの脱皮大豆の変化を抑える為、1回分に小分けした脱皮大豆を真空引きし、脱酸素剤を封入しております。脱皮大豆は1度に多くの大豆を機械で皮むきしますので、各家庭で利用するような販売サイズはなかなか見受けられません。

 

2.テンペメーカーを利用した作り方

  テンペメーカーはテンペ作りを簡単にするために作られましたが、同時に美味しさも追及しています。「今まで食べたテンペの中でも一番美味しい」というご感想を何度も頂いております。さて、テンペメーカーはなぜテンペ作りを簡単にしてくれるのか?

 

①テンペを手作りするほとんどの材料が揃っている。

初回材料をご購入頂いた方にテンペメーカーを進呈していますので、材料も、テンペメーカーも揃った状態でテンペ作りをスタートいただけます。

 

  • ②失敗がほとんどない

丁寧なマニュアルにより、保温前の準備作業をしっかり行えます。その後の保温時間も、電源を入れた付属ヒーターの上に、発酵容器を置き、付属のタオルで覆うだけです。ですから保温方法を各家庭で検討・準備する必要がありません。

作る条件が似通ってくることで、仮に失敗が発生しても、どの部分でつまづいたのか明確になります。テンペの画像と共にお問合せ頂ければ、ほぼ原因がはっきりし、次回以降は上手にできる場合がほとんどです。

 

「お安い」の理由

  • 3.ご家庭までの流通経路

テンペメーカーを手にして頂いた御家庭はテンペのミニ工場に変身です。同時に、そのミニ工場の一番近くにいるテンペのお客さんでもあります。ミニ工場とお客さんの間には卸売店も、小売店舗も入ってコストを上乗せする余地はありません。ましてや、作っているのは各御家庭ですからよけいな製造コストも上乗せされません。支出するのは材料費のみです。

 

  • 4.配送費

多くの方が、お近くにテンペの取扱店がない現状ですので、インターネット経由でテンペを購入し配送してもらう場合も多いと思います。その場合、支出の大きな割合を占める配送費は無視できない大きさになります。販売店さんへの支払いに加えて、配送業者さんへの支払いも生じます。完成テンペですので、それぞれの保存方法に合わせ、冷凍、冷蔵配送という比較的高い配送サービス料を支払う事になります。

しかし、手作りテンペの場合は材料の配送です。大豆は水を含むと約2倍の重さになりますので、材料の配送なら、重量は半分ですみます。乾燥しているので、冷蔵・冷凍配送サービスも必要ありません。

 

  • 5.(番外)ふるさと納税利用

  販売とは違いますが、ふるさと納税制度をご利用いただくことで、スターターセットを

「お安く」受け取ることが可能です。実質負担は¥2,000円(しかも配送費込!)というのがふるさと納税制度のいいところです。これを利用頂ける様になりました。

 

 

また、上記の様に、テンペを購入する場合と比べるほかに、一般的な方法で、テンペを手作りする場合と比べても「お安い」と思う理由を先に書かせて頂きます。

 

  • ・圧倒的に失敗が少ない。

失敗による材料と、時間のロスが圧倒的に小さい事が、OneFaceのテンペ作りの「お安い」の理由です。失敗に繋がるポイントは多く、各家庭で使う材料も、道具も、やり方も、地域の温度も違う中で、失敗しても次に向けた反省すら難しい状況にありました。その為、様々な方法や意見がネットにありましたが、どれが正解に近いのか判断するのにも時間を要します。(テンペ作りの失敗の原因を知りたいならこちら)

  •  
  • ・材料販売サイズが丁度よい

販売されているテンペ菌の材料サイズは、賞味期限内で普通の家庭で使い切るには、多めに設定されているため、賞味期限切れを念頭に置くと割高になってしまいます。

 

の2つの理由から、一般的な方法でテンペを手作りしても経済的なメリットを感じにくいと思います。

 

テンペ菌発酵は24時間がいい理由

様々なサイトを見るとテンペ菌の発酵は20時間~72時間と解説に開きがあります。

もちろん、時期、使う道具、仕上りに差があるのでどれもその方法にあわした時間だと思います。

 

OneFaceの作り方は、「皆さんの生活リズムに組み込みやすくなくては、手作りテンペを続けてもらえない」と考え、24時間での発酵終了を目標に組み立てられています。

 

ユーザー様の声 テンペ作りがかなり楽に!

OneFaceで販売する材料と進呈テンペメーカー使ったテンペの作り方では

 

 ・準備が楽

 ・時短になる (大豆の水浸け時間が短い)

 ・作業が減る (面倒な大豆の皮むきがいっさい必要ない)

 ・失敗少ない

 ・匂いが少ないテンペに仕上がる

 

  等々のメリットを感じて頂けるはずです。他にも様々なメリットを享受できます。

 ユーザーのお1人から貴重な声をいただけた。

 

質問① テンペメーカーを使用する前の課題は何でしたか?

答え① テンペ作りを独自で何度か作ってみましたが、なかなか上手く作れずに、何が正解で、何が間違ってるのか知りたいと思いながら作っていました。

 

質問② テンペメーカーの使用を検討している段階での悩み、決め手となった要素はどこか?

答え② インスタで、テンペが作れるセットがあると知り、どんな風に作るのか興味を持ちました。暫く悩みましたが、価格も思っているよりお手頃だったので、闇雲に作るより、試しに買ってみてもいいのかも知れないと思い購入しました。

 

質問③ テンペメーカーを使用した結果の満足度はいかがですか?

答え③ 購入して良かったです。テンペが1発で成功して、その後も失敗する事がありません。マニュアルも分かりやすく、自分でやってるやり方よりも、手間がいらない事に驚きました!自分で作りたい方は、最初にこのセットを購入する事をおすすめします。材料が無駄にならないので、ストレスなく楽しめます。出来上がったテンペの美味しさにも感動です!

 

テンペ作りスターターセット(材料8回)

テンペ作りスターターセット(材料4回)

関連情報

大豆発酵食品・テンペ手作り専門店 | OneFace

テンペ手作り専門店 | OneFace

OneFaceは「お家でテンペ」を応援するショップです。
目指しているのは “肉・魚・ときどきテンペ"というように、気軽に植物性タンパク質を取り入れる人たちが増えてくれること。たまにしか買わない「体にちょっと良いもの」ではなく、当たり前に冷蔵庫にあるような存在になって欲しいので、日本一の作りやすさと、お手頃な価格を追求しています。

屋号 ビジネスフロー合同会社
住所 〒391-0011
長野県 茅野市玉川4630-1
営業時間 9:00-17:00
定休日:土日祝
代表者名 大友 由紀子
E-mail info@tempe-oneface.com

コメントは受け付けていません。