テンペ 手作り専門店 | OneFace  OneFaceはお家で「手作り」を応援するショップです。日本一の作りやすさと、お手頃な価格を追求しています。

【プラントベースホールフードの基本】基礎知識を徹底解説!

プラントベースホールフード

 

プラントベースホールフードとは?

 

この記事を読むための時間:3

 

野菜や果物といった植物を中心とした食生活を表すプラントベースには、「プラントベースホールフード」という言葉があります。

プラントベースという言葉は、耳にしたことがあるが、プラントベースホールフードってどんな意味の言葉であるかわからないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そんなプラントベースホールフードの意味や基礎知識について詳しく解説します。

 

プラントベースホールフード=植物丸ごと食べること

プラントベースホールフードとは、簡単にいうと「植物を丸ごと食べること」を表すプラントベースの考え方の一つです。

植物を丸ごと食べることというのは、加工など極力手を加えずに素材本来の姿で摂取する食事方法です。

また素材丸ごとを摂取するだけでなく、添加物や保存料、精製された白い食品(白米や白砂糖、白い小麦粉など) などを避けることを推奨している食べ方となっています。

 

プラントベースホールフードのメリットとは?

プラントベースホールフードには、どんなメリットがあるのでしょうか。このプラントベースホールフードは、先ほども説明した通り、未精製食品の植物丸ごと頂くという考えのもと取り入れられているプラントベースの食事方法です。

植物丸ごと口にするということは、中の実の部分だけでなく、皮や茎など普段は捨ててしまうところも摂取することが基本となっています。

この皮や茎には、中の実以上に栄養価が高いと言われており、捨てるのはもったいない部分とも言われています。

プラントベースホールフードの考え方で食事を行うことで、植物の栄養を余すことなく摂取することや添加物や保存料などを取り入れないことから、内臓への負担を軽減することも可能です。

栄養をしっかり摂取しながら内臓など身体への負担を考慮した食事方法として、注目を集めています。

 

プラントベースはお肉やお魚の制限はない

プラントベースホールフードの大元となるプラントベースは、ヴィーガンと違い、必ずしもお肉やお魚を食べてはいけないという食事法ではありません。

あくまでも野菜や果物、穀物といった植物を中心とした食事方法です。そのため、たまにはお肉やお魚、卵、乳製品を食べるのも構いません。

食事制限というストレスがないのもプラントベースのメリットの一つです。体調や気分に合わせて取り入れるなど、ご自身に合わせた頻度で取り入れるのもおすすめです。

 

プラントベースホールフードの注意点は?

気軽に始められるプラントベースホールフードの注意しておきたいポイントについても併せて解説します。

プラントベースホールフードは、素材丸ごと摂取する食事方法であるため、基本的には栄養バランスが良いものとされています。

しかし稀に消化器官に不調をきたす方もいらっしゃり、原因は、食物繊維の過剰摂取と言われています。

食物繊維は、便通がよくなるも言われていますが、摂取しすぎると胃腸に不快感を覚え、逆に便秘の悪化や腹痛につながることもあります。

特に食物繊維の多い植物は、頻度の調整をしてみたり、プラントベースホールフードの頻度を減らしてみたりという、工夫をしながら取り入れてみると良いでしょう。

 

プラントベースホールフードで補えない栄養素はある?

プラントベースホールフードの食事は、栄養バランスが良いと言うものの、補えない栄養素があるのか不安に感じる方も多いでしょう。

プラントベースは、基本的にお肉やお魚を摂取しない食事方法なため、動物性タンパク質を摂取することができません。

特に動物性タンパク質に含まれるビタミンB12は、野菜や果物で補えない栄養素となっています。

本格的にプラントベースな食生活を送る方の中には、サプリメントを使用して栄養素を補う方もいらっしゃいます。

ビタミンB12は、貧血予防や神経の機能を正常に保つ役割のある栄養素なため、しっかりと摂取しておきたい栄養素となっていますので、サプリメントを上手に取り入れるようにしましょう。

 

プラントベースホールフードで植物本来の栄養素を摂取!

プラントベースホールフードは、植物丸ごと食べる食事方法です。基本知識やメリット、そして注意点をチェックし、上手に取り入れてみましょう。

関連情報

大豆発酵食品・テンペ手作り専門店 | OneFace

テンペ 手作り専門店 | OneFace

OneFaceは「お家でテンペ」を応援するショップです。
目指しているのは “肉・魚・ときどきテンペ"というように、気軽に植物性タンパク質を取り入れる人たちが増えてくれること。たまにしか買わない「体にちょっと良いもの」ではなく、当たり前に冷蔵庫にあるような存在になって欲しいので、日本一の作りやすさと、お手頃な価格を追求しています。私達家族も年間90回を超えるテンペ作りを、テンペメーカー(実用新案登録済:3223001)で簡単に、失敗せず作っています(毎回Instagramにアップしてます)。

屋号 ビジネスフロー合同会社
住所 〒391-0011
長野県 茅野市玉川4630-1
営業時間 9:00-17:00
定休日:土日祝
代表者名 大友 由紀子
E-mail info@tempe-oneface.com

コメントは受け付けていません。