テンペ手作り専門店 | OneFace OneFaceは「お家でテンペ作り」を応援するショップです。日本一の作りやすさと、お手頃な価格を追求しています。

テンペ通販 相場は?

テンペの相場

取扱店舗数が少ない事から、テンペの購入はインターネット経由や通販で検討されることが多いと思います。

まず、インターネット経由の相場を見ていきましょう。その際には配送費も大きな要因になります。少し購入サイズが大きいのですが、1kgを購入した際のテンペ100gの商品価格と輸送費の合計を数社見てみると、

 

A社:350円、 B社:380円、 C社305円、 D社:245円

 

でした。もちろん送料無料になる場合もありますので、もっとうまく購入する事は可能だと思いますのでご参考程度で見てください。

また、通販の際はケースが少ないのと、企業経営である以上ある程度の利益を確保しなくてはいけないという意味で、インターネット経由の購入相場を参考にしてみてください。

 

ここでは1kgと大きめの購入サイズでの相場でした。購入サイズが小さくなれば配送費用の割合が大きくなり相場も高くなります。このような相場からすれば、多くの人にとって、テンペの価格が、魅力的に映らない事はわかります(もちろん各自の感想ですが)。私達家族の場合は、普段の買い物で見る食肉、お魚に比べて高いなと感じてしまいます。

インドネシアの店舗では約30円と聞きます。ただ、インドネシアのテンペに使われる大豆のほとんどが輸入品で遺伝子組み換え大豆という話もあり、食用には遺伝子組み換えでない大豆を使う日本製テンペとは単純比較はできません。

 

日本国産大豆を使った上記のような相場は、「食肉、お魚に比べて高いなと感じてしまいます。」と先ほど書きましたが、掛かっているコストを積み上げて、まっとうな価格を設定すると、先ほどの相場は納得がいくものです。

私たちもテンペの事業を開始する際に行った試算では、同様の販売価格となりました。

 

私たちの思い

「テンペを広く家庭で使ってもらいたい」というのが私たちの当初からの思いです。

その為の目標として、「食肉、お魚に比べて高い」と思われる価格設定を避けようと思いました。

日本でそのような価格水準を目指す場合は、流通全体で余計なコストを省く必要もありテンペの「手作り」を目指すこととしました。

 

手作りであるならば、初回購入(8回、輸送費込)でテンペ100gが270円となりますが、リピート購入で、100gが150円となります。リピート36回ならば100gが111円です。

更に、リピート36回はふるさと納税に登録されています。こちらで実質2000円で返礼品として受け取って頂ければ、100gが28円です。お友達と共同で使っていただくのもいいかもしれません。

 

テンペは素晴らしい食材です。皆さんのすべてのライフステージに寄り添える無塩発酵大豆食品です。

 

関連情報

大豆発酵食品・テンペ手作り専門店 | OneFace

テンペ手作り専門店 | OneFace

OneFaceは「お家でテンペ」を応援するショップです。
目指しているのは “肉・魚・ときどきテンペ"というように、気軽に植物性タンパク質を取り入れる人たちが増えてくれること。たまにしか買わない「体にちょっと良いもの」ではなく、当たり前に冷蔵庫にあるような存在になって欲しいので、日本一の作りやすさと、お手頃な価格を追求しています。

屋号 ビジネスフロー合同会社
住所 〒391-0011
長野県 茅野市玉川4630-1
営業時間 9:00-17:00
定休日:土日祝
代表者名 大友 由紀子
E-mail info@tempe-oneface.com

コメントは受け付けていません。