大豆発酵食品・テンペ手作り専門店 | OneFace OneFaceは「お家でテンペ」を応援するショップです。 目指しているのは “肉・魚・ときどきテンペ"というように、気軽に植物性タンパク質を取り入れる人たちが増えてくれること。たまにしか買わない「体にちょっと良いもの」ではなく、当たり前に冷蔵庫にあるような存在になって欲しいので、日本一の作りやすさと、お手頃な価格を追求しています。

インドネシアの納豆?テンペ こんな食材です。

インドネシアの納豆?テンペインドネシアの納豆・・・テンペ・・・・なぜそのように日本に紹介されていのか・・・恐らく作り方に共通点が多いからなんです。

 

納豆とテンペの共通点)

・原料は大豆(を煮たもの)

・大豆を発酵させたもの 【納豆】枯草菌(こそうきん)の一種で発酵。 【テンペ】クモノスカビの一種で発酵。

・無塩発酵で、味噌、醤油より塩分を気にせず食べられる。

・大豆本来の豊富な栄養素が発酵により吸収しやすくなっている上、発酵により有益な栄養素も加わっている。

 

納豆とテンペの相違点)

・テンペには納豆のような粘り気は無い

・テンペには納豆のような強い匂いは無い

⇒ この二つの相違点から、テンペの方が活用できる料理の幅は大きい様に感じています。

 

毎週2回は400gのテンペを手作りして、調理して食べている私達は、食材としてのテンペに以下のような印象・感想を持っています。

 

 

インドネシア発祥のテンペとは、こんな食材です。

 

テンペを使っていて、食材として感じる長所を上げると・・・

 

1.料理に合わせて程よい形状になる

豆腐のように崩れることなく、納豆のようにねばることもなく、適度な硬さをもっているので、好きな形に切って使うことができます。ステーキやカツのように大きく使うこともできますが、なるべく小さく切った方が味が絡んでおいしいような気がします。ポロポロと手でほぐして、大豆の代わりに使うこともできます。

 

2.そのまま食べられる

大豆を茹でて発酵させているので、出来立ては生でもおいしく頂けます。長く火を通す必要がないので、焼くのも揚げるのも簡単です。すぐに使う予定がないときは、冷蔵庫で3日、冷凍庫で一か月保存できます。

 

3.クセのない味

とにかくクセがないので、炒め物、煮物、ごはん物、スープ、サラダ、なんにでも使えます。

料理のジャンルや味のバリエーションの広さも特筆すべきで、和食、洋食、中華、エスニックと幅広く楽しめます。

 

テンペ調理のコツ

本当に様々なお料理に適用できるテンペですが(テンペの料理・レシピ集はこちら)、調理の際には以下のコツがあると感じてます。

 

コツその1

テンペ自体の味が淡白なので、小さめに切って料理することで、味が絡んで美味しくなります。

 

コツその2

炒め物や煮物の場合、濃いめの味付けを選ぶと味がぼんやりしません。もちろんスパイスやエスニック調味料なども合うので試してみてください。

 

コツその3

一般的にテンペを揚げてから炒め物に入れたり、調味料を絡めたりすると、食感がよく美味しいです。

またトースターで4、5分温めてから料理すると、そのままで炒めるよりも油を多く吸わなくてすみますし、揚げる時間も時短になります。

 

テンペは使えば使うほど便利な食材

日本では、なかなか馴染みのないテンペという食材です。取り扱い店舗が少ない事や、高価格がネックとなりあまり普及していませんが、食材として使い続けている私達からすれば、「本当に便利な食材」です。

 

・メインディッシュにもサブにも使える

・「野菜不足な献立かなぁ?」ということは無い(もともと野菜の大豆です)

・使いやすい

 

こんなテンペですが、普及してほしいので、「手作りテンペ」を拡げることで普及してほしいと努力しています。

関連情報

大豆発酵食品・テンペ手作り専門店 | OneFace

大豆発酵食品・テンペ手作り専門店 | OneFace

OneFaceは「お家でテンペ」を応援するショップです。
目指しているのは “肉・魚・ときどきテンペ"というように、気軽に植物性タンパク質を取り入れる人たちが増えてくれること。たまにしか買わない「体にちょっと良いもの」ではなく、当たり前に冷蔵庫にあるような存在になって欲しいので、日本一の作りやすさと、お手頃な価格を追求しています。

屋号 ビジネスフロー合同会社
住所 〒391-0011
長野県 茅野市玉川4630-1
営業時間 9:00-17:00
定休日:土日祝
代表者名 大友 由紀子
E-mail info@tempe-oneface.com

コメントは受け付けていません。